お知らせ

お知らせ

熱中症予防と新型コロナウイルス

今年の夏はこれまでとは違い、新型コロナウイルス感染症に注意しながら熱中症を予防するという、私たちの誰も経験したことのない過ごし方が必要になります。十分な感染対策を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心がけましょう。

「新しい生活様式」での熱中症予防のポイント

1.気温・湿度が高い中でマスクを着用すると熱中症のリスクが高くなります

・マスク着用しているときは、呼吸による熱放散が妨げられるため熱中症のリスクが高くなります。長時間の活動や激しい運動は避け、いつも以上に水分補給をしましょう。

・屋外で人と十分な距離(2メートル)が確保できる場合は、マスクを外しましょう。

2歳未満のお子さまについては、マスクは使用しないようにしましょう

2.室内を冷房中でも換気は必要です

・室内を冷房中でも窓を開放したり、換気扇による定期的な換気を行いましょう。

・その際、換気により室内の温度が高くなるので、エアコンの温度設定はこまめに調節してください。

3.日頃から体温測定、健康チェックをしましょう

・新型コロナウイルス感染予防だけでなく、熱中症予防にも有効です。

・体調が悪いときには無理をしないようにしましょう。

4.熱中症になりやすいお子さまへの目配り、声かけをお願いします

・「3密」の回避、フィジカルディスタンシングが推奨されていますが、小さなお子さまは大人より熱中症のリスクが高く、目配り、休憩や水分補給の声かけをお願いいたします。

5.体調不良時には早めの受診を

・水分補給が十分に出来ない、強い倦怠感や筋肉痛、頭痛や嘔気・嘔吐などの症状がある場合は早めに受診してください。

熱中症と新型コロナウイルス、どちらも予防して健やかにお過ごしください。

CATEGORY

ARCHIVE